田村俊哉は稀代の極悪人である。

家庭があるにも関わらず東京銀座のキャバクラ嬢の女性二人を妊娠させ、子供が成人するまで責任を持って養育費を払うからと自ら実印入りの契約書まで用意しながら、女性が出産して以降、たったの一度も養育費は支払われていない。画像の印影はその際に田村俊哉が押してきた実印である。

女性や女性の関係者が田村俊哉の勤務先周辺や自宅周辺を訪れ、直接交渉を何度もおこなうが自分には身に覚えがないの一点張りで、あろうことか顔を真っ赤にしこれ以上言って来たら訴えると脅迫し、逆切れするという最低最悪の極悪人である。

田村俊哉は勤務先である株式会社フューチャーナビゲータの代表取締役社長であり、月収は200万円あるから必ず払うと言って用意された契約書はただの紙切れとなっている。女性との行為の際、女性はゴムを付けて欲しいと涙ながらに切願したが、田村俊哉は何かに憑りつかれたように激しく行為を続け、最終的には妊娠させてしまうのである。田村俊哉は女性らに対し、妻とは夜の生活では身体が合わず何十年もご無沙汰だが、年齢と共に性欲はますばかりだから必ず満足させられると関係を強く迫った。女性らは常連客からの強引な誘いに断り切れなかった。

田村俊哉はかなり以前から連日連夜銀座に通っており、銀座のキャバクラ嬢の中には妊娠したものの田村俊哉に逃げられ、中絶した女性も数人いることが確認されており、まさにやりたい放題のまさに稀代の極悪人である。

田村俊哉が社長を務める株式会社フューチャーナビゲータに女性社員が在籍しているとしたら、この事実をどう思うのだろうか。女性の大敵とも言える田村俊哉のもとで働くことは大変危険で不名誉であり、すぐにでも転職を勧めたいところである。神奈川県川崎市麻生区にある田村俊哉の自宅は洋風の豪邸で、ガレージには高級外車が置かれている。田村俊哉は趣味でゴルフをしたり高級外車を乗り回すなど豪遊ぶりが目に付く。そんなお金を遣う余裕があるのなら女性に補償するべきではないだろうか。

田村俊哉の被害に遭った女性らは、これを機会に集団訴訟を起こす検討を始めており、田村俊哉の被害者をこれ以上増やしたくないと自分達の名前をさらしても立ち上がる決意をした。田村俊哉の悪名が増えるにはまだ時間を要するが、その間にも被害者がこれ以上増えないことを願って止まない。

最後に、女性は泣き寝入り状態で諦めているがこのような告発の場を作ってくださったこのサイトの管理人には感謝申し上げたい。

氏名 : 田村俊哉 (たむらとしや)
配偶者 : 田村真利子 (たむらまりこ)
被扶養者 : 田村啓一郎 (たむらけいいちろう)
被扶養者 : 田村愛衣 (たむらめい)
住所 : 〒215-0017 神奈川県川崎市麻生区王禅寺西3-5-20
生年月日 : 昭和38年4月11日
携帯電話 : 080-1157-0411
業務用携帯 : 090-7187-0018
E-MAIL : toshiya.tamura@gmail.com
携帯アドレス : tamura.1048@docomo.ne.jp
勤務先 : 株式会社フューチャーナビゲータ
勤務先住所 : 〒105-0003 東京都港区西新橋2-11-6 ニュー西新橋ビル8F
勤務先電話 : 03-6452-8810
勤務先ホームページ : https://www.futurenavigator.co.jp/

田村俊哉

投稿者 tokumei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です