障がいのある児童が通う大阪府内の放課後等デイサービス施設で男の子の下半身を盗撮したとして、運営会社の代表の男が逮捕・起訴されていたことが分かりました。

 逮捕・起訴されたのは、大阪府内にある放課後等デイサービス施設の運営会社代表・吉田和磨被告(32)です。

 起訴状などによりますと、吉田被告は7月中旬に施設のシャワー室で、当時12歳だった男の子の下半身を胸ポケットに隠したスマートフォンで盗撮したなどの罪に問われています。

 吉田被告は堺市内の温泉施設の脱衣所で裸の客を盗撮した疑いで7月下旬に逮捕されていましたが、その後、押収したスマートフォンから男の子の動画が見つかり、施設内での盗撮が発覚したということです。

 施設の関係者によりますと、吉田被告は逮捕後に保護者らに宛てた手紙で「盗撮することで喜びを感じたかった」と記していたということです。

吉田和磨

投稿者 tokumei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です