コロナ持続化給付金など約2000万円をだまし取った弁護士の男(48)に懲役3年6か月の実刑判決 [ 広島 ]

東広島市の弁護士、加島康介被告(48)

広島地裁は27日、「犯行を立案した首謀者だった」などとして、懲役3年6か月(求刑 懲役6年)の実刑判決

加島康介

投稿者 tokumei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です