警視庁には3回逮捕されていて、去年3月、懲役2年6月・執行猶予4年の判決を受けていた。今回の逮捕が4回目。執行猶予期間中だったことになる。度々、淫行事件などを起こしているため、周囲からは「児ポ(児童ポルノの意味)」とも呼ばれていたという。

任意の捜査段階で、八重樫容疑者は、淫行容疑を否認していた。しかし、少年育成課が、被害者の女子高生に関する捜査を進めたところ、事件への関与が明らかになり、逮捕に至ったという。

調べに対して八重樫容疑者は、逮捕後も、「歌舞伎町のホテルを利用したことあるが、女の子は知らないのでやっていません」などと容疑を否認。一方で、「地雷系女子や量産型女子が好み」「女子中高生が好み」と供述しているという。

八重樫海渡

投稿者 tokumei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です