「彼はキレたら何をしでかすか分からない超危険人物。前に捕まったときも反省はゼロでした。それなのにこんなに早く出所して、案の定、すぐに人を殺めた。起こるべくして起きた殺人事件ですよ」

【写真】身長149センチの容疑者、送検時はカメラを睨みつけて…

 容疑者の知人は憤る――。

 事件は9月11日未明、石川県白山市内のラブホテルで起きた。

「ホテルの従業員から『女性が血を流して倒れている』と通報があり、駆けつけた警察官が、金沢市内に住むデリヘル嬢Aさん(23)の亡骸を見つけました。しかしすでに犯人は、刃物を持ったまま逃亡していた」(テレビ局記者)

 防犯カメラの追跡により石川県警は同日午前、金沢市内の繁華街で住居、職業不詳の中村信之容疑者(54)を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕。同日に殺人容疑で再逮捕されている。
ナンパして無理されると『お前、覚えとけよ!』

「逮捕前に繁華街をウロウロしているのを見かけました。身長が低くて、黒ジャンバーに赤シャツ。目立つのでよく覚えています。興奮した様子で通行人の女性にちょっかいを出して、無視されると『お前、覚えとけよ!』と大声で凄んでいたので恐ろしかった」(通行人)

 逮捕時には女性を殺めたときに使用したとされる刃渡り19センチの刃物を所持していた。女性の首や胸には数十か所もの刺し跡があり、死因は失血性ショック。2人は初対面で、中村容疑者は「殺意があった」と容疑を認めている。

 中村容疑者の経歴を調べると、逮捕歴が多数あった。容疑者を知る冒頭の知人によると、

「中村はこれまでに窃盗や覚醒剤、殺人未遂などで何度も牢屋に入っている。それでもまったく懲りずに、出てきたら犯罪に走ってしまう。ムカつくことがあると、衝動的に犯罪に走ってしまうんです」

 容疑者の実家は白山市内にある。

「両親はずっと前に亡くなって、今は弟と2人暮らし。2016年に殺人未遂で逮捕されて、昨年出所した後はほぼ無職同然でした。家から大きな怒鳴り声が聞こえてくることもあって、近所の人はみんな怖がっています。弟さんはマトモな人で、かなり苦労しているみたい」(近隣住民)

中村信之

投稿者 tokumei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です