居場所を特定されないよう高速道路を走行しながら嘘の電話をかけていた特殊詐欺グループの事件で新たに26歳の男が逮捕されました。

中川虎乃輔容疑者は去年10月三重県の高齢女性に嘘の電話をかけ現金200万円を騙し取った疑いがもたれています。

けさ、送検された中川容疑者は、警察車両に乗り込む際、報道カメラをにらみつけ、中指を立てて挑発するようなポーズを見せた。
中川容疑者は現金を受け取る「受け子」のリーダー格で調べに対して「知りません」と容疑を否認しています。

警視庁によりますとこの特殊詐欺グループはアジトを作ると居場所を特定されやすくなるとして高速道路を走行し移動しながら嘘の電話をかける手口で、これまでに「かけ子」として木内翼被告が逮捕・起訴されるなどあわせて13人が立件されています。

警視庁はこのグループが1年以上でおよそ9400万円を騙し取ったとみて全容解明を進めています。

中川虎乃輔

投稿者 tokumei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です