7月7日、静岡県警が露天風呂に入浴中の女性を狙った組織的な盗撮事件に関与したとして、千葉県の自称・飲食店店員の男(43)を逮捕した。

 事件を起こしたのは“盗撮のカリスマ”斎藤果林被告(49)を中心とした盗撮グループ。全国の温泉施設などで盗撮を繰り返しており、今回でグループ6人目の逮捕となる。

 徐々に見えてきた盗撮グループの全貌。しかしその卑劣極まりない実態のすべてが明らかになったわけではない。「盗撮グループの一員だった」という人物への取材記事を再公開する。(初出2022年3月10日、肩書き、年齢等は当時のまま)

斎藤果林

投稿者 tokumei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です