知人女性宅に侵入し現金やブランドバッグなどを盗んだ窃盗などの疑いで警視庁は26日までに、渋谷区の寺「霊泉院」住職の今井雄山容疑者(47)と、「別れさせ屋」を称する探偵会社アルバイトの大坪裕介容疑者(33)を逮捕した。住職が別れさせ屋に依頼し、恋心を抱く知人女性宅に盗みに入らせたという事件だが、どうしてそんなことをしたのか。

 調べに対し、今井容疑者は容疑を否認。一方、大坪容疑者は今井容疑者から個人的に頼まれ、盗みに入ったことを認めている。「数百万円の報酬を受け取った。今井容疑者は女性に好意があったようで、『女性にプレゼントしたものを盗まれれば、自分に好意を向けてくれるかも』と話していた」と供述している。

 逮捕容疑は3月に共謀して都内の30代女性のマンション一室に侵入し、現金約310万円と、ブランドバッグなど31点(時価1500万円相当)を盗んだ疑い。当時、女性とその夫は不在だったという。

 今井容疑者は結婚している。既婚住職が不倫を望んで女性と縁を持つため、探偵に盗みを依頼し、探偵が実際に泥棒に入るとは、職業倫理に欠け過ぎている。

 別れさせ屋とはどんなものだろうか。探偵関係者は「通常、別れさせ屋は女性の夫にハニートラップを仕掛けて、離婚に持ち込むものです。物を盗んだら、夫婦仲が悪くなって、女性から相談を受け、そこでいろいろ吹き込んで自分になびかせるつもりだったんでしょうか。意味が不明です」と事件の狙いに首をかしげた。

 それとも、仏教的な理由があるのだろうか。仏教の教えは物や人への執着を捨てることが基本だが、説法では方便として物を大切にすることを勧めることがある。今井容疑者が女性にプレゼントしたものを盗まれたことで、女性が容疑者に悩み、相談をすると考えたのだろうか。

 仏教ではすべての物は仏さまから預かった物であるとする「仏物(ぶつもつ)」という言葉がある。窃盗事件にからめ、因果応報、後生大事、愛別離苦、因縁などの言葉を使った説法から交際に持ち込めると思ったのだろうか。

 今井容疑者のSNSを見ると、真っ赤な高級車に乗り、キャップ、サングラス、ヘッドホン、大きめのパーカというB系ファッション姿も。大会に出るほどブラジリアン柔術に打ち込んでいたので、ストイックともいえるが…。

 地元関係者によると「高級車を複数持っていて、乗り回していた。いわゆるチャラい感じで、トークが面白いと評判のようです。寺を使って若い女性が集まるワークショップをやっていた」と明かした。

 どうして別れさせ屋に盗ませたのか。警察関係者は「プレゼントしたものがなくなれば、女性が『またプレゼントしてほしい』とねだってくれるかもしれないと思い込んでいたとみられます。もしくは貢いだものを盗んで嫌がらせという線もあります」と語る。

 深遠な仏教とは関係ない、シンプルな動機の可能性が高そうだ。

今井雄山

投稿者 tokumei

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です