イケダ ハヤト(1986年〈昭和61年〉 )は日本のブロガー、著述家、Voicyパーソナリティ、合同会社代表。ニュースブログ「ihayato.news」で「BLOGOS AWARD 2012」大賞を受賞。NPOを支援するプロボノ集団「テントセン」の創設者、代表、ビッグイシューオンライン共同編集長を歴任。挑発的な言動が特徴で、炎上が多い人物。著書に『年収150万円で僕らは自由に生きていく』、『まだ東京で消耗してるの?』などがある。略称はイケハヤ。
正体は情報商材系詐欺師です。

中学生時代から個人サイト「nubonba」を運営し、『ネットランナー』で連載[18]。ルネサステクノロジでSNSを担当し[31][10]、トライバルメディアハウスのSMMアナリスト[32]を経て、2011年からフリーランス[33][9][18]。2014年には高知県へ移住し[3]、2016年より合同会社「日本の田舎は資本主義のフロンティアだ」代表[2]。

投稿者 tokumei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です