「この顔は決して忘れないですよ。私はあいつのせいで不当逮捕されていますからね……」

【写真】満面の笑みで自己PRする中西容疑者

 週刊女性PRIMEに情報提供してくれた滋賀県の会社経営者・男性Aさんは、ため息混じりにそうつぶやいた。

 滋賀県警草津署は6月29日、同県大津市の会社員・中西大樹容疑者(31)を強制性交等致傷などの疑いで逮捕した。6月22日、容疑者は同県栗東市のアパートに30代女性をわいせつ目的で強引に連れ込み、手足をテープのようなもので縛った上で、性的暴行を加えた。被害女性には鼻部、顎部、頸部に擦過傷などのケガも負わせたというもの。

「幸いにも女性は軽傷で、その場から自力で逃げ出して、警察に被害届を提出。警察が捜査を進めて、容疑者の逮捕にこぎつけた。テープなども事前に準備していたとみられ、計画的、かつ極めて非道な犯行だといえます」(全国紙社会部記者)

 中西容疑者は警察の取り調べに対して、「間違いはありません」と率直に容疑を認めているという。

 事件現場のアパートは、容疑者の自宅でも被害女性の自宅でもないという謎多き事件だったが、週刊女性PRIMEは前回の取材で、一つの事実にたどり着いている。
空き物件に女性を連れ込んで性的暴行

 中西容疑者が住宅機器メーカーの最大手L傘下の不動産会社社員で、賃貸営業担当だったのだ。

 つまり、不動産営業マンである中西容疑者が被害女性に物件を紹介し、内見をともにしていくなかで、空き物件に誘い込んで悪辣な犯罪に手を染めた可能性もあるのだ。

 事件について同社に問い合わせるも、取材はいっさい拒否されていた。

 前回の記事を読んで編集部に連絡をくれたのが、冒頭のAさん。3年前にいわれのない仕打ちを受けたというのだ。

「事務所を移転しようと思って、容疑者に賃貸物件を探してほしいと依頼しました。条件が合ったので、大津市市内の物件を容疑者とともに内見しました」(Aさん、以下同)

 物件を気に入ったAさんはすぐに契約を済ませ、事務所を移転したのだが、

「電話回線がなかったんです。これは私が最初に提示した条件を満たしていなかった」

 Aさんは、容疑者が勤める不動産会社へ出向いて、苦情を訴えたという。

投稿者 tokumei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です